サイト内検索
PR
amazon
トップ  >  春の七草・秋の七草  >  春の七草・秋の七草

春の七草・・・七草がゆにして食べる

芹(せり)

セリ
薺(なずな)

ナズナ
御形(ごぎょう)
ハハコグサのこと
ハハコグサ
繁縷(ハコベラ)
コハコベのこと
コハコベ
仏の座(ほとけのざ)
コオニタビラコのこと
コオニタビラコ
菘(すずな)

野菜の蕪
(カブ)のこと
蘿蔔(すずしろ)

野菜の大根
(ダイコン)のこと
  • 旧暦の1月7日に七種の野草(野菜)を入れた粥(七草がゆ)を食べるという風習がある。
  • カブとダイコン以外は、畑や田んぼの周りに生えている野草。
  • 現在の暦では2月頃なので、花はまだ咲いていないものが多いだろう。

秋の七草・・・秋に咲く代表的な花

萩(はぎ)

ヤマハギ
尾花(おなば)
ススキのこと
葛(クズ)

クズ
撫子(ナデシコ)

カワラナデシコ
女郎花(おみなえし)

オミナエシ
藤袴(ふじばかま)

桔梗(ききょう)

  • 山上憶良が詠んだ歌が由来とされている。
  • 萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 姫部志(をみなへし) また藤袴 朝貌の花(万葉集・巻八 1538)
カテゴリートップ
春の七草・秋の七草